お貸出し実績

5月30日

2024年

映画『からかい上手の高木さん』


2024年5月31日(金)から公開の映画『からかい上手の高木さん』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
10年の時を越えて紡がれる ふたりの新たな物語――。 とある島の中学校。隣の席になった女の子・高木さんに、何かとからかわれてしまう男の子・西片。 どうにかしてからかい返そうと策を練るも、いつも見透かされてしまい失敗…。 そんな毎日を過ごしていた二人だったが、ある日離ればなれになってしまう…。 それから10年——、高木さん(永野芽郁)が島に帰ってきた! 「西片、ただいま。」 母校で体育教師として奮闘する西片(高橋文哉)の前に、教育実習生として突然、現れたのだった! 10年ぶりに再会した二人の、止まっていた時間と、止まっていた「からかい」の日々が、再び動き出す――。

【CAST】
永野芽郁
高橋文哉
江口洋介
鈴木仁
平祐奈
前田旺志郎
志田彩良
白鳥玉季
齋藤潤

【STAF】
原作 山本崇一朗『からかい上手の高木さん』(小学館『ゲッサン』連載中)
脚本 金沢知樹、萩森淳、今泉力哉
音楽 大間々昂
主題歌 Aimer「遥か」(SACRA MUSIC / Sony Music Labels Inc.)
配信プロデューサー 近藤貴明、杉山香織
プロデューサー 大澤祐樹、森川真行(ファインエンターテイメント)
監督 今泉力哉
制作協力 ファインエンターテイメント
製作著作 TBS

是非ご覧ください!

5月28日

2024年

ドラマ『柚木さんちの四兄弟。』

2024年5月27日(月)毎週月~木22時45分より、NHKテレビ放送にて『柚木さんちの四兄弟。』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
2年前に両親を亡くした柚木家は、男だけで暮らす4人兄弟。親代わりをしている長男・隼は23歳で教職に就いている。しっかり者の次男・尊とやんちゃな三男・湊はどちらも中学一年生。尊は4月生まれで湊は3月に生まれたため、年子だが同じ学年となった。四男・岳は小学一年生だが、落ち着いていてとても大人びた子供だ。彼らは不満や寂しさ、嫉妬など、それぞれの気持ちを抱えながらも、お互いを思いやり、助け合って生きていく。

【CAST】
藤原大祐
大野遥斗
山口暖人
永瀬矢紘
杉浦太陽
山口紗弥加

【STAF】
原作 藤沢志月
脚本  荒井修子
音楽 王舟
演出 瀬田なつき、伊野部陽平、玉澤恭平、菊池俊[35]
制作統括 三本千晶(テレパック)、樋渡典英(NHKエンタープライズ)、渡辺悟(NHK)
プロデューサー 北林督世(テレパック)

是非ご覧ください!

5月28日

2024年

ドラマ『アンメット-ある脳外科医の日記-』


2024年5月27日(月)22時より、関西テレビ放送にて『アンメット-ある脳外科医の日記-』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
脳外科医・三瓶友治は、アメリカの病院でトラブルを起こしたせいで、解雇されてしまう。その後、三瓶は日本の丘陵セントラル病院にやって来る。 病院の仮眠室に住みつき、ワーカホリックな三瓶は、患者の「脳」だけではなく、人間を診るのだった。

【CAST】
杉咲花
若葉竜也
岡山天音
生田絵梨花
山谷花純
尾崎匠海(INI)
中村里帆

【STAF】
原作 子鹿ゆずる(原作)/ 大槻閑人(漫画)『アンメット-ある脳外科医の日記-』(講談社「モーニング」連載)
脚本 篠﨑絵里子
音楽 fox capture plan
主題歌 あいみょん「会いに行くのに」(unBORDE / Warner Music Japan)
オープニング曲 上野大樹「縫い目」(cutting edge)
医療監修 石川久
医療監修協力 キャスティングドクター、中澤暁雄
医療指導 青木宏之、根本千草
看護監修 石川千恵美、半澤由美、坪田康佑、宮尾達也
看護指導 植野永子、水八寿裕
言語聴覚士監修 貫井さと子
言語聴覚士指導 堀エリカ
理学療法士監修 増田司
演出 Yuki Saito、本橋圭太
プロデューサー 米田孝、本郷達也
制作協力 MMJ
製作著作 カンテレ

是非ご覧ください!

5月21日

2024年

映画『帰ってきたあぶない刑事』

2024年5月24日から公開の映画『帰ってきたあぶない刑事』に
バイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
刑事を定年退職し、ニュージーランドで探偵事務所を開業していたタカこと鷹山敏樹と、ユージこと大下勇次が、8年ぶりに横浜へと戻ってくる。そんなある日、香港在住の日本人弁護士が何者かに殺害される事件が起こる。事件にひっかかりを感じた鷹山は、過去に2人と因縁のある男・劉飛龍(リウ・フェイロン)のもとを訪ねるが、鷹山はそこで出会った飛龍のビジネスパートナーであるステラ・リーが、かつての恋人に似ていることが気にかかった。その頃、2人の「T&Y探偵事務所」に永峰彩夏という女性が訪れ、母親を捜してほしいと依頼してくる。彩夏の母親の夏子は、鷹山と大下の旧知の女性だった。夏子捜索を開始した2人だったが、横浜では殺人事件が多発し、やがて爆弾が仕掛けられるテロまでもが発生する。

【CAST】
舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
土屋太鳳
西野七瀬
早乙女太一
深水元基
ベンガル
長谷部香苗
鈴木康介
小越勇輝
杉本哲太
岸谷五朗

【STAF】
監督 原廣利
脚本  大川俊道、岡芳郎
プロデューサー 近藤正岳
撮影 佐藤匡
音楽 岩本裕司
挿入歌 「no plan」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレコーズ)
製作プロダクション セントラル・アーツ

是非ご覧ください!

5月21日

2024年

映画『missing』


2024年5月17日から公開の映画『missing』に
バイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
とある街で起きた幼女の失踪事件。
あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。
娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。
そんな中、娘の失踪時に沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。
世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。
一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得の為に、沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。
それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。

【CAST】
石原さとみ
青木崇高
森優作
有田麗未
中村倫也

【STAF】
監督 脚本 – 田恵輔
音楽 世武裕子
製作 井原多美、菅井敦、小林敏之、高橋雅美、古賀奏一郎
企画 河村光庸
プロデューサー 大瀧亮、長井龍、古賀奏一郎
アソシエイトプロデューサー 行実良、小楠雄士
撮影  志田貴之
照明 疋田淳
録音 田中博信
装飾 吉村昌悟
衣装 篠塚奈美

是非ご覧ください!

5月07日

2024年

ドラマ『心はロンリー気持ちは「…」』


2024年4月27日(土)21時より、フジテレビ開局65周年企画『心はロンリー 気持ちは「・・・」FINAL』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
『心はロンリー 気持ちは「…」』とは、明石家さんまが主演を務める伝説のスペシャルドラマシリーズ。シリアスなストーリーの中にたくさんのナンセンスな笑いを散りばめた異色のドラマとして人気を博し、1984年から2003年までに11本が制作された。
そして、前作から実に21年ぶりに復活を遂げるのが最新第12作『心はロンリー 気持ちは「…」FINAL』。今回描かれるのは、さんま演じるベテラン刑事を主人公に据えた人間ドラマ。定年を間近に控え“最後の事件”に立ち向かう刑事と、その家族の物語が情感豊かにつづられる。

【CAST】
明石家さんま 
川口春奈 
吉田羊 
味方良介 
松本薫 
高田純次 
でんでん 
菅原大吉 
入江甚儀 
中尾明慶 
村松利史 
生越千晴 
青山隼 

【STAF】
脚本 君塚良一
ギャグ考案 大岩賞介、藤沢めぐみ/杉本高文
音楽 門司 肇
チーフプロデューサー 渡辺俊介
主題歌 THE ALFEE『ロマンスが舞い降りて来た夜』(ユニバーサルミュージック)
プロデュース
竹岡直弘、高橋味楓、野田悠介
総合演出 三宅恵介
制作・著作 フジテレビ

是非、ご覧ください!

4月30日

2024年

ドラマ『燕は戻ってこない』

2024年4月30日(火)22時より、NHKにて『燕は戻ってこない』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
主人公・大石理紀(リキ)は北海道から上京し、病院の医療事務として再就職を叶えました。しかし、派遣社員の月収は14万円で、ギリギリの生活を強いられる日々を送ります。

そんなある時、同じような境遇の同僚・川辺照代(テル)から「卵子提供(エッグドナー)」のバイトを持ちかけられ、生殖医療専門クリニックを訪れることに。クリニックではエッグドナーではなく、不妊に悩む草桶夫妻の「代理母(サロゲートマザー)」を勧められました。

夫の基は自身の優秀な遺伝子を残したい、万が一にでも実母の遺産を妻・悠子側の親族に渡したくないとの思いから、子どもを切望しているようです。

リキは「報酬のために他人の子を産むのか」と戸惑いつつも、1千万円もの大金が得られる上、悠子が他界した叔母に似ていたため依頼を引き受けます。草桶夫妻は一度離婚してリキと基が結婚、代理出産後に親権を基にし、悠子と再婚する段取りになったのですが……。

【CAST】
石橋 静河
稲垣 吾郎
森崎 ウィン
伊藤 万理華
朴 璐美
富田 靖子
戸次 重幸
中村 優子
内田 有紀
草桶千味子
黒木 瞳

【STAF】
原作 桐野夏生『燕は戻ってこない』(集英社刊)
脚本 長田育恵
音楽  Evan Call
演出 田中健二、山戸結希、北野隆
制作統括 清水拓哉、磯智明
プロデューサー 板垣麻衣子、大越大士

是非ご覧ください!

4月26日

2024年

ドラマ『フクロウと呼ばれた男』


2024年4月24日(水)からディズニープラス「スター」にて独占配信のオリジナルドラマ
『フクロウと呼ばれた男』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
国家の黒幕「フクロウ」として暗躍し、さまざまなスキャンダルやセンセーショナルな事件を、ときにもみ消し、
ときに明るみに出して解決してきた大神龍太郎。
一方、龍太郎の息子・龍は父親とは対極の、「正義」を掲げた生き方をしている。
そんな大神家と親交の深かった次期総理候補の息子が謎の死を遂げ、龍太郎は国家の裏側から、
龍は真正面から、政界に潜む巨悪の正体へと近付いていく。

【CAST】
田中泯
新田真剣佑

【STAFF】
エグゼクティブプロデューサー デビッド・シン
脚本 デビッド・シン
演出 森義隆/石井裕也/松本優作

ぜひご覧ください!
予告動画

4月26日

2024年

ドラマ『Believe -君にかける橋-』

2024年4月25日(木)21時より、テレビ朝日にて『Believe -君にかける橋-』にバイグルが小道具協力させていただきました

【STORY】
橋づくりに情熱を燃やす大手ゼネコン「帝和建設」の土木設計部長・狩山陸(木村拓哉)は、東京都が心血を注ぐ一大プロジェクトに従事。多くの人の夢を乗せた「龍神大橋」を完成させるため、数年にわたる奮闘の日々を送ってきた。ところがある日、龍神大橋の建設現場で、大人数を巻き込む事故が発生してしまう!
一体なぜ、こんな大惨事が起こってしまったのか…。万全の注意を払って橋を設計した狩山が言葉を失う中、事態はさらに予期せぬ方向へと舵を切り始める。謎多き事故の真相を追い求め、すさまじい執念で捜査を開始する警視庁捜査一課の刑事・黒木正興(竹内涼真)。さらに、狩山と妻・玲子(天海祐希)。すれ違い、距離が生まれてしまっていた夫婦にも、想像を絶する非情な運命が襲いかかり…!
各所で得体の知れない“何か”がうごめき出し、激動の渦に飲み込まれていく狩山。そんな中、彼が見つけ出す希望と再生の道、最終的にたどりつく場所とは一体…!?

【CAST】
木村拓哉
竹内涼真
天海祐希
上川隆也
小日向文世
斎藤工
北大路欣也
一ノ瀬颯
山本舞香

【STAF】
脚本 井上由美子
音楽 林ゆうき
主題歌 MAN WITH A MISSION「I’ll be there」(Sony Music Labels Inc.)
土木監修 関文夫(日本大学理工学部土木工学科)
刑務監修 加藤正明
警察監修 古谷健一
医療監修 中澤暁雄
看護指導 植野永子
法律監修 岡本直也(岡本政明法律事務所)
法廷指導 近藤敬(レイ法律事務所)
ニュース監修 小林晴一郎
監督 常廣丈太、樹下直美(アズバーズ)
エグゼクティブプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日)、髙木萌実(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)
制作協力 アズバーズ
制作著作 テレビ朝日

是非ご覧ください!

4月25日

2024年

ドラマ『新しい怖い シカク』


2024年4月26日(金)21時~CSチャンネル日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブにて、オリジナル配信開始のドラマ
『新しい怖い シカク』にバイグルが小道具協力させていただきました。

【STORY】
 「新しい怖い」は、様々な出自のクリエイターが「恐怖の拡張」を試み、個人的な「新しい怖い」を探すドラマシリーズです。お笑い芸人、企画作家、ホラー監督、3DCG作家が参加し、まだ描かれてない怖さ、個人的に怖いと思っていること、一周回って今怖いことなど、今までにない実験的なホラー・スリラーの世界をお届けします。第一話は、アベラヒデノブさんを監督に迎え、お笑い芸人の加賀翔(かが屋)さんがドラマの主演・脚本を初めて務めました。
 第二話は、原案として世界最短の怪談集『10文字ホラー』シリーズを手がける氏田雄介さん、監督・脚本に映画『ハッピーアイランド』などを手掛けた渡邉裕也さん、共同脚本として、ドラマ『僕たちの校内放送』の脚本を務めた前田知礼さん、「第1回日本ホラー映画大賞」豆魚雷賞を受賞した『私にふれたもの』で共同監督を務めた武田真悟さんなど、豪華な制作陣が集結しました。メインビジュアルに使用された怪しげに笑う仮面は、独自の制作方法で注目の仮面作家Masksmithさんが担当しました。
主演は、今回がホラー作品初出演となる、モデル・女優の紺野彩夏さん。NHK大河ドラマなどに多数出演する濱正悟さんら、実力派俳優が脇を固めます。
ぜひ「新しい怖い」にご注目いただければと思います。

【CAST】
紺野彩夏
濱正悟
大河原恵
日高七海
松原タニシ(特別出演)

【STAF】
監督:渡邉裕也
原案:氏田雄介
脚本:前田知礼、渡邉裕也、武田真悟
企画/プロデュース: 雨無麻友子

是非ご覧ください!
公式HP